映画『二ノ国』を観てきましたよ!

今日、『二ノ国』と『ドラゴンクエスト』映画を観てきました。

ドラゴンクエストはまた後日感想を書くとして、『二ノ国』の感想を簡単に書きます。

二ノ国最高‼

level5万歳❗

ガンダムageみがある。

これが最後の二ノ国とは思えない。

五ノ国まであるね、level5だけに。

level5素晴らしいアニメをありがとう。

という感じでした。

事前にネットで見かけたように確かに怒る人の気持ちがわかる映画でした。

個人的な不満な点は予告で触れていたテーマが、あんなばっさりあっさりとなっている所。最後まで貫き通せば良いのに、と思いました。

他にもいくつかあります。

世界のルールがわかりづらい。

登場人物多すぎて描写が不十分もったいない。

悪い意味で展開がダイジェスト感。

テレビシリーズで登場人物の葛藤をじっくり描けば良かった感。

あの落ちもテレビシリーズで最終回前に明かされたら盛り上がった感。

もうちょっと、ああいう落ちもありだと思えるサインを出していれば、作品のさわり心地も良かったのに。落ちの唐突な感じはなんとかならなかったのか? と思います。

あのラスボス的なキャラは何とかならなかったのだろうかと残念に思います。

以上残念な点でした。

しかし、二ノ国、面白い要素がたくさんありテレビシリーズでやれば盛り上がった予感がするのです。

良かった点もあります。

音楽が良かった。

怪物デザインの程よいダサさ。

ゲーム的異世界の疑似体験が出来た。

複雑な要素を上手くまとめていた。

意外と泣けるエンディング。

という感じです。

愛すべき所もあります。

キャラの関係性は良い。

青春です。

また関係が深まる過程を丁寧に描いているのには好感が持てた。

そうした過程を描いたお陰で主人公の行動に説得力がありました。

総じて満点ではありませんし傷も多いですが、愛すべきところもある作品という感想です。

大江・留・丈二著『韓国いんちきマンガ読本』が発売されましたよ!

大江・留・丈二著『韓国いんちきマンガ読本』が発売されましたよ。

内容は韓国(が大多数)の「いんちき」なマンガの紹介本。

いんちき?

いかがわしい本じゃないの?

そう思った方には「違います」と声を大にして言いたい。

この本はかなり本気度の高い本です。

『韓国いんちきマンガ読本』のよい点はネットなどで「ぱくりまんが」として流通している情報は数あれど、作品が「本当は一体なんなのか?」をきちんと指摘している所です。

例えば、韓国の「ぱくりまんが」としては定番になっている某作品。画像だけが独り歩きして無責任に「ぱくりまんが」として紹介されているけど、本当は何なのか気になりませんか?

この本では、正体をきちんと指摘しています。

そうした疑問が解消されます。

ぜひ読んでみてください。

検証がきちんとされているのです。

どういった作り手が作っていたのかについても詳述されています。

そういう意味ではネットでは入手できない情報があって勉強になるんですよ!

日本のネットではほとんどヒットしない漫画作品も多く紹介されています。

あるクラスターの人には懐かしい感じがするかもしれませんね。

昔のファンロードの海外コーナーを一冊の本にしたような感じです。

またカラーページの情報量が半端ないので、これは買って読んでもらうしかない。韓国以外のマンガも充実しています。

またいんちきマンガの歴史も充実しています。

こういう形で他国の漫画文化の一部を目にできるのは楽しい事ではないでしょうか。

世界にわずかしかない韓国のマンガを論じた本です(韓国では過去にあるけど日本では珍しいのではないかと)。

タイトルの韓国以外のマンガも紹介されていて、これも見どころです。

 

最後にコバンザメ。

類書である『韓国アニメ大全』も発売中です!

 

『韓国いんちきマンガ読本』と一緒にお求めください。

冬コミはJ36aです。

かに温泉、コミケ当選しました。

三日目 J36a  です。

よろしくお願いします。

新刊は「珍アニメ変特撮激闘まつり?」です。

様々なアニメ特撮を取り上げています。


既刊は、
宗教アニメ同人誌、ベトナムアニメ同人誌、アニメVHSテープ同人誌、などがあります。


夏コミの既刊は「宗教アニメと人権アニメから見る京都アニメーション」です。

なお扱うアニメは、

・しあわせってなあに(1)(2)(3)

・残された名刺

・おじいちゃんの花火

・二匹の猫と元気な家族

です。

前作ヒロインは置いてきぼり。宇宙の法黎明編を見た。

幸福の科学映画、宇宙の法 黎明編を観に行った。手塚治虫の霊的指導があるだけあって、かなりエンターテイメント方向にふりきれた作品。アクション主体の宗教アニメってなんだ!? ドラゴンボール的なアクションが充満している作品だった。また宗教映画らしく神様へのお祈りシーンも充実している。

個人的に感じた欠点は前作UFO学園の秘密の完全な続編だから、これを観ていないと解らない点が散見されることである。キャラクターの描写や関係が前作で説明されているので、わかりづらい点が多い。アクションシーンも大量にあるがその分消化不良な印象がある。アクションで解決する問題はなく、その分カタルシスが得られない。

良かった点は、宗教映画らしいシーンがあること。例えば信仰心の肯定がてらいなく描かれていること。神様である地球神が正面に立って闘っていること。信者でなければ解らないシーンが多くあり唖然とする部分があること。これらは非常に観ていて楽しい。

そして今回登場したヒロインのザムザが、非常に良かった。このキャラクターを産み出しただけでも、この映画に存在価値はある。非常に魅力的なヒロイン。もとのヒロインの存在が忘れられてしまうくらいだ。なんというかツンデレキャラ? スタッフの力が入っていると感じた。

また観に行きたい。

映画 若おかいは小学生

先日観た映画 若おかみは小学生!、子供向けと油断してたら、かなり深い作品だった。死生観を問われるようなハードさ。単純な、お涙ちょうだいではない真剣さがあった。
死を子供向け映画で描く。そんな部分の大半は映画オリジナル要素なのだという。

そして、密度の濃い映画だった。これが90分とは、驚きだ。内容も印象的なエピソードが満載。占い師の水領さん、良かった。

また、なんと言ってもまとまりが良かった。冒頭の台詞がクライマックスで活きて来るのだが、台詞の意味に乗せて主人公の変化が迫ってくる展開が良い。成長、別れが90分で上手くまとめられている作り手の力量が凄いと思いました。

あと、主役の声優が小林亜星だと空目した。おわり。

夏コミ新刊は?

かに温泉、コミケ当選しました。

三日目 ナ34a  です。

よろしくお願いします。

新刊は「宗教アニメと人権アニメから見る京都アニメーション」です。

なお扱うアニメは、
・しあわせってなあに(1)(2)(3)
・残された名刺
・おじいちゃんの花火
・二匹の猫と元気な家族
です。